5 正社員じゃなくても大丈夫?アルバイト・パートのキャッシング事情!

MENU

正社員じゃなくても大丈夫?アルバイト・パートのキャッシング事情は?

5 正社員じゃなくても大丈夫?アルバイト・パートのキャッシング事情! 正社員じゃなくても融資ってうけられるんですか?といった質問をよくされます。正社員としてきちんと働いていてそれなりに収入がないとカードローンは利用できないと思っている人は多くいるようです。
しかし、しっかり働いていてそこそこの収入がある正社員さん達よりも、パート・アルバイト・派遣社員などの方のほうが必然的に収入は正社員さんよりも低くなりますので「融資をうけたい」と思うのは当然のことだと思います。
答えから言うと「借りることはできます」今は専業主婦でも利用できるカードローンなどが存在しますので、いくら正社員ではないとはいえ働いて収入があるのであれば申し込み資格はあるのです。

 

パート・アルバイトであっても「消費者金融」「銀行系カードローン」どちらからでも融資をうけることは可能です。まずは消費者金融で借りる場合についてご説明します。
消費者金融では「貸金業法」という法律に基づいて営業しています。この貸金業法の中の総量規制という制度では「年収の3/1以上の金額を貸してはならない」となっています。
ですので、消費者金融からの融資をい申し込む場合は、雇用体系に関わらず「年収の3/1以上の金額」を融資してもらうことはできません。
また、消費者金融の申し込み資格として「安定した収入がある方」という基準が設けられています。この安定した収入とは”月収として毎月収入があるかどうか”が判断基準となっています。パートやアルバイトといった雇用体系や金額が高額か少額かということよりも毎月毎月収入があるのかというところに重きが置かれています。
ですので、たとえば毎月8万円の収入であっても毎月毎月きちんと収入があることが消費者金融に示すことができればOKなのです。逆に、日給で日雇いのバイトをしていて給料に安定性がない場合などは審査でひっかかってしまう可能性が高くなります。

 

次に銀行系のカードローンです。銀行系はさきほどの消費者金融とはまた守る法律が違いますので、総量規制のような制度はありません。各銀行がそれぞれの判断基準で審査を行い融資をするか否か・限度額はいくらかといったことを判断します。
銀行系カードローンでは専業主婦でも借りられるものもありますので、パートやアルバイトの方でも問題なく申し込みができます。

 

ここでパート・アルバイトの方に注意していただきたいのが、在籍確認についてです。勤務している職場によっては時間によっては全く会ったことのない人がいるという場合もあると思います。在籍確認で銀行や消費者金融から連絡が来た時に「在籍しているかどうか不明確」であると判断された場合は審査をクリアすることができません。そこで、「クレジットカードを申し込んだので電話がくるかもしれない」といったようなカムフラージュをして皆に伝えておくことで電話に自分以外が出た場合でも確実に対応してくれるようにしておくとスムーズです。

 

また、審査が不安という理由から何社も同時に申し込むのは絶対にやめましょう。申し込みの情報も信用情報機関で共有されるものなので、怪しまれて審査に通らないということがあります。