カードローンを契約しよう 必要書類とは?

MENU

カードローンを契約しよう 必要書類はどんなもの?

様々なカードローンを比較して自分のライフスタイルにあった会社をみつけられたら、いざ契約です。審査が不安という方は各社の公式ホームページから借り入れシュミレーション(借り入れ診断)ができる会社もあるのであらかじめ診断しておくと不安も和らぎますね。

 

契約にあたっては名前や住所・勤務先などの情報を入力・記載するほかに書類の提出が必須となってきます。この提出ですが、郵送や無人契約機での手続きの他にも専用アプリケーションなどでのアップロードでも提出できる会社も出てきています。携帯やスマートフォンなどのカメラ機能にて必要書類を撮影してアップロードするというものです。数年前まではこのような方法はありませんでした。カードローンもますます便利で身近なものになってきていると感じられると思います。

 

必要書類にはどのようなものがあるのでしょうか?まず必ず提出をもとめられるのが「本人確認書類」です。これは運転免許証であれば1枚でOKです。しかし、運転免許証をお持ちでない方や期限が切れてしまっているという場合はパスポートまたは健康保険証が必要となります。パスポートまたは健康保険証で本人確認を行う場合は1枚では十分ではないので別途「住民票」の提出も必要となります。
又、引っ越しをして申し込み時の住所と本人確認書類の住所が異なっている場合は別途書類が必要となる場合があります。
どこの金融機関のカードローンでも本人確認書類に関しては上記の内容が基本となりますが、各社多少異なる部分もあるので事前にホームページで確認しましょう。「はじめての方」や「キャッシングの申し込みについて」といった項目のページに「必要書類について」記載があります。

 

収入証明に関しての書類はどうでしょうか。これはすべての申込者が提出する必要はないです。基本的には希望のお借入額が50万円を超える場合や希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合に提出を求められることが多いです。
提出を求められた場合は最新の書類を提出しましょう。源泉徴収票や確定申告証・直近数か月分の給料明細などが収入証明の書類として有効なものになります。

 

銀行系のカードローンで、専業主婦さんが配偶者の書類を提出する必要はあるのか?という質問をよく耳にしますが、こちらについても解説していきます。
本人確認書類は専業主婦であっても申込者本人の身分証明書で問題ありません。専業主婦だからという特別な書類としては「配偶者の同意書」と「婚姻の証明書」とが必要となります。
配偶者の同意書に関しては現在は不要な会社がほとんどですが、一部銀行ではもとめられる場合があります。婚姻の証明書に関しては申込者と配偶者の婚姻関係が証明できるものであればOKです。一番簡単なのは「住民票」です。ほとんどの申込者が住民票を提出しています。
よって、配偶者の収入証明書は提出する必要はありません。あくまでも利用するのは本人という点と専業主婦であると高額の融資はもともとできないので提出は不要です。