申し込みには複数の方法が!自分にあった方法を選ぼう。

MENU

申し込みには複数の方法が!自分にあった方法を選ぶのが吉

カードローンを申し込みする方法はいくつか存在します。近年のスマートフォンやタブレット端末の普及により方法はさらに広がりをみせています。「忙しいので家で申し込みをしたい」「聞きたいことがあるので直接店員さんに会って相談してから申し込みたい」「とにかく早く融資が受けたい」などさまざまなニーズがあるとおもいます。自分の希望にあわせた方法を選んでスマートに契約まで運べるようにしましょう。その為にも今回は方法別のメリット・デメリットをまとめてみましたので参考にしてください。

 

まずは「電話申し込み」です。これは昔からある方法で、来店不要・電話する場所を選ばない・直接コールセンターのスタッフと会話しながら申し込みできるというメリットがあります。公式ホームページや電車内などの広告に記載してある電話番号に連絡をするだけです。あとはオペレーターさんが必要事項を聞いてくるので答えるだけです。パソコンやインターネット操作が苦手という人にはおすすめです。しかし、コールセンターは24時間営業ではない会社がほとんどですし、お昼休みなど皆がかけそうな時間だと混みあっていて休憩時間中に話が終わらなかったなどということもあります。

 

次にこちらも来店不要型の「インターネットからの申し込み」です。これは今の一番主流な方法です。インターネットサイトから申し込みフォーマットに必要事項を記入して送信します。パソコンでもスマートフォンやタブレット端末・携帯電話からでもOKです。営業時間などを気にせずに自分の好きなタイミングで申し込みができるのがメリットです。

 

次は先ほどのインターネットと類似していますが「専用アプリケーションからの申し込み」という方法もあります。これは近年のスマートフォン・タブレット端末の普及により新たに導入された最新の申し込み方法です。方法はアプリケーションをダウンロードして、アプリケーションの項目にそって進めていく形です。入力方法などはインターネットとあまり変化はありません。本人確認書類の提示がアプリ内のカメラ機能で撮影→アップロードという方法がとれるので便利です。しかし、一部の消費者金融や銀行で取り入れられ始めたばかりなのでまだすべての会社で利用できる方法ではありません。

 

他には「無人契約機での申し込み」や「実際に店頭に行っての申し込み」という方法があります。一番早く済ませたいということであればインターネットからの申し込み→無人契約機という流れが一番早くカードが手に入ります。しかし、早くどこかから融資がうけたい!と複数の会社に同時に申し込むのはやめましょう。申し込みの履歴は信用情報機関にて共有される情報です。何社にも同時に申し込んでいるとわかれば貸し手としては「なんだろう?怪しいな」と思います。

 

申し込みの方法は複数ありますが、申し込みから審査・結果通知という流れはどの方法をとっても同じです。審査の内容や条件も申し込み方法で変化することはありません。