9 クレジットカードのキャッシング機能は便利?カードローンとの違いとは。

MENU

クレジットカードのキャッシング機能は便利?カードローンとの違い。

カードローンはまだ利用したことがないけれどクレジットカードなら持っているという人も多いです。いまは日本国内でもクレジットカードの所持枚数は平均3枚ほどと言われています。それほど私たちの生活に密着しているクレジットカードですが、買い物だけでなく融資(キャッシング)の機能もついていることはもうご存知ですよね。もちろんキャッシングの機能の付帯は必須ではなく任意なので意図的に0円と設定している人もいます。
しかし、このキャッシング機能いざという時にとても便利です。融資を受けたい時は消費者金融や銀行というイメージをお持ちの方もいると思いますので「クレジットカードのキャッシング」とはどんな人におススメなのか?また注意点等についての比較をしていきます。

 

まずはクレジットカードのキャッシング機能はどんな人におススメなのか。単刀直入にいうと「普段はあまり融資を受けないけれど本当に困ったので今回だけ」や「買い物ができれば十分・でも何かあった時のために」といったように普段は頻度高く利用しない人のお守り替わりにおススメです。
なぜならクレジットカードのキャッシングは他の消費者金融やカードローンと比べると金利が高めに設定されており、また返済も自動的にリボルビング払いになっていることが多く返済までに時間がかかるからです。(リボルビング払いに関しては申込時の段階で返済金額を設定していることがほとんどです。もちろんコールセンターなどで変更は可能ですし、一括の返済も可能です。カード申し込み時に設定している返済方法などはよくわからないままになっている人は一度確認しておくとよいでしょう。)
ですので、頻繁に利用したい・長期にわたって利用していきたいと考えている場合はカードローンを申し込みした方が賢い選択といえます。

 

ではクレジットカードのメリットはなんでしょうか。すでに持っている人が多いことからもわかるように「身近にあること」です。いまはスーパーマーケットや百貨店・レンタルビデオショップやインターネットの通販会社など様々なところからクレジットカードが発行されています。買い物中などにもカードの勧誘をされたことがある人も多いはずです。
そんなクレジットカードは即時発行などもあるように、カードローンに比べると比較的ハードルは低めでフリーターでも学生でもほとんどの人が持っている私たちの身近な存在です。だからこそ普段は買い物に利用しているカードで融資がいざという時にできるというのは便利なのです。

 

普段は買い物で利用しているという人でもコンビニのATMやVISAであればVISAのATMであれば融資が利用できます。カードにもよりますが、海外でも現地通貨のキャッシングも可能です。
普段の生活の中ではお金を緊急に必要としていない人でもいつなにが起こって急な出費がかかるかわかりません。そんなときにキャッシング機能のついたクレジットカードを1枚持っておくと急な出費にもスマートに対応することができます。お守り代わりに1枚お財布の中にいれておくことをお勧めします。