専業主婦でも融資はうけられる。家族に内緒で上手に利用してみよう。

MENU

専業主婦でも融資はうけられる。家族に内緒で上手に利用してみよう。

小さなお子さんがいらっしゃってなかなか働きに出られないという方や、介護をしなければならずパートを辞めざるおえなかった方など様々な理由で専業主婦でいる方がいらっしゃると思います。専業主婦ということなのでもちろん収入などはないわけです。しかし、生活費や交際費・冠婚葬祭や教育費などお金が足りなくなる場面はありますよね。そんな時に家庭の貯金を利用するわけにもいかないこともあると思います。
収入がないということが理由で融資が受けられなかったりクレジットカードを作ってもキャッシング枠がなかったなんてことはありませんか?専業主婦でも借りられる場所をきちんと選べば、融資もうけられますし、家族に内緒で利用することもできます。もちろん法律に違反してということは一切ありません。嘘をつくということでもないのです。専業主婦であると申告した上で借りることができるのです。

 

まずは専業主婦で借りられる金融機関についてです。現在キャッシングというと大きく分けて3つの方法があります。「消費者金融」「銀行系カードローン」「クレジットカードのキャッシング機能」です。この中で専業主婦が利用できるのは「銀行系カードローン」だけです。
これには法律的な理由があり、消費者金融とクレジットカード会社が守るべき法律は「貸金業法」銀行が守るべき法律は「銀行法」という違いがあります。この貸金業法では年収によって貸し出しの金額を定めているので専業主婦のように収入がない場合は融資をうけることができないのです。反対に「銀行法」にはそのような決まり事はないため、各銀行が独自の判断基準で審査をして融資を行っています。

 

専業主婦の借りられる金融機関がわかったところで、借入に必要な情報や書類はあるのでしょうか?できれば家族に内緒で借り入れをしたいと思うかたが多いと思います。ご主人や家族にばれないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

 

申し込みにあたっては、ご主人さまの情報の提示が必須となる銀行が多いです。会社の名前や電話番号・年収などです。配偶者の収入証明が必要であるところもありますが、「収入証明は不要!」とうたっている銀行も多く存在しますので、用意できなそう・・といった場合は無理せずに提出不要の銀行を選びましょう。

 

金融関係の審査でかならず必要なのが「在籍確認・本人確認」です。これを配偶者の会社にされてしまっては内緒にするも何もありませんよね。でもご安心ください。申込者のプライバシーを守るという観点からも勝手に配偶者に連絡をすることはありません。本人確認も、自分の携帯電話にしておけばOKです。

 

これでご家族にばれずに申し込みができますが、さらに予防線を張るのであれば、明細をインターネット上で確認するWEB明細にすれば自宅に送られてくることはなくなります。ですが、もともとが銀行のカードローンなので郵便物も銀行からのものなので開封しないかぎりは見た目にはカードローンかどうかは判断できないのでご安心ください。

 

申し込み・利用は家族に内緒でできる便利なカードローンですが、あくまでもきちんと返済していた場合です。返済に滞りが生じたり、銀行からの連絡に応じないなどが続くと配偶者や家族への連絡がいく場合もありますので注意しましょう。